18金買取価格No.1はどこ? - 貴金属買取相場ナビ

18金買取価格No.1はどこ? - 貴金属買取相場ナビ

18金買取価格No.1はどこ? - 貴金属買取相場ナビ

18金買取価格No.1業者をご紹介!

 

金の中でも、18金は日本で最もポピュラーな金属なのではないでしょうか。
18金はその強度の強さから、指輪やネックレスなどのジュエリーをはじめ
工業用製品などにも利用されています。

 

当ページでは、そんな需要の高い18金の買取単価5社分を比較し
最も高く売却できる貴金買取属業者をご紹介します。

 

 

 

 

1: 18金の基本知識(ご参考)

 

純金のジュエリーでは24K・20K・K18といった表記を見かけることがよくあると思います。
この表記は、純金と他の金属の配合比率を表しています。純金(24K)として正式に
呼べる金属は、純度が99.99%以上のものに限定されています。

 

ネックレスや指輪等でよく使われるK18の純度は75%となっており、残り25%は別の
金属が混ざっています。つまり、K18は合金であると言えます。純金(24K)は柔軟性が
ある反面傷つきやすい為、ジュエリーとして加工されることは少ないです。
一方、合金であるK18は純金に比べて強度が高くジュエリーの素材として最適です。

 

K18のような合金を生成するときに混ぜる金属を「割金」と呼ばれており、割金には
主に銀、銅、パラジウムの3つが使用されています。パラジウムは金やプラチナ程では
ありませんが素材そのものに価値がある為、割金としてパラジウムが含まれる場合、
合金としての価値は高くなります。

 

ちなみに、イエローゴールドやピンクゴールド、ホワイトゴールド等は、純金に銀や銅など
別の金属を混ぜることによって合成された合金です。混ぜる金属によって色が変わり、
特に需要の高いホワイトゴールドやピンクゴールドは市場に多く出回っています。

 

2018年度は金価格が5,000円突破!

2000年頃を境に金価格は上昇を続けており、2018年3月にはついに一時的に5,000円を
突破しました。これは1982年の金価格レベルの高値となっています。その為、2018年に
入ってから、18金ジュエリーを売却する方だけでなく、ゴールドバー売却時の節税を
考えて分割加工を依頼する方も増えてきています。いずれにせよ、2018年度は
「金」製品を売却する方にとっては、非常に恵まれた年であることは確かです。

 

一方で、専門家の間では、この金の高騰ぶりは今後数年間で終焉を迎えるという見方が
あります。というのは、金価格は世界情勢に強く影響されてしまう性質があるのですが、
現在表面化しているものだけでも欧州不安、北朝鮮問題、ISによるテロなどの問題が
山積している為です。

 

従って、金価格は2012年以降は大きな乱降下は見られない為、高水準をキープしている
今のうちに処分するという選択は、決して失敗にはならないはずです。

2: 18金の買取価格の決まり方

 

18金製品を売却するにあたり、買取価格の決まる仕組みを復習しておきましょう。
また、高価買取が期待できる金の種類や、買取不可となってしまう金についても
合わせてご紹介します。

 

2.1 単価×重量+デザインで計算

 

18金の買取価格は、喜平ネックレスのように18金のみで作られているモノであれば
「買取単価×重量」によって決まります。例えば、売却する喜平ネックレスの重量が
20gで買取単価が3,500円であれば、3,500円×20(g)が買取価格となります。

 

各業者の買取単価(レート)は、各業者がその日の金相場に基づいて決めています。
レートは業者によって1gあたり数百円 もの金額差がある為、軽量の金製品であれば
大して気にする必要はないですが、インゴットなどの重量の大きい物を売却する際は、
業者次第で数千〜数万円もの価格差になるので注意が必要です。

 

ダイヤモンド等の宝石が付いているジュエリーであれば、「デザイン」が考慮されます。
デザインには、その時代の流行やブランド力が買取価格に大きく影響します。

 

高価買取期待!の金の種類

 

一般的なゴールドジュエリーよりもイエローゴールド、ピンクゴールド、ホワイトゴールド
といった色付きのゴールドジュエリーの方が割金となる金属の査定もプラスされる為、
高価買取が期待できます。特に、希少なパラジウムが多く含まれるホワイトゴールドや
ピンクゴールドは、他の18金ジュエリーと比べて高値がつく傾向があります。

 

ゴールドの種類の確認方法としては、指輪の裏側やネックレスの留め具を確認します。
通常は、それらの部分にイエローゴールドであればYG、ピンクゴールドであればPG、
ホワイトゴールドであればWGといった刻印があるはずです。

 

金メッキは値段が付かない!

 

金製品を売却する時に注意したいのが、「金メッキ製品」であることに気が付かずに
売却しようとすることです。金メッキかどうかは刻印を確認すると一目瞭然です。
例えば、「K18GP」や「GF」といった具合にアルファベットがある場合は金メッキなので
値段が付きません。もちろん、地金としても通常は買取不可となります。

 

よくあるのが、ゲームセンターやパチンコの景品として金メッキ製品を獲得し、
金メッキであることに気が付かずに質屋に持ち込むケースです。金メッキは
重量にすると0.0xグラム程である為、精錬加工時の目減り分にも満たない為、
ジュエリーとして加工することもできず用途がほとんどありません。

3: 5社の18金買取レートを比較!(2019年2月時点)

 

18金をはじめ貴金属の買取単価(レート)は、業者によって異なりますので
売却前に業者ごとの買取単価(レート)を比較することは鉄則です。

 

とはいえ実は、金の買取単価が高い業者というのは、いくつかに絞られてきますので、
今回は有力とされる5社をご紹介したいと思います。

 

5社の18金単価ランキング

 

参考までに、2019年2月2日時点の18金買取単価(g)は次の通りです。

 

18金の買取単価(g) (2019年2月2日時点)

リファスタ 3,664円
七福神 3,662円
ゴールドプラザ 3,638円
大黒屋 3,570円
リ・タナカ
(田中貴金属)
3,510円

 

上記の表は、18金の買取単価(レート)が高い順番で各業者を並べていますが、
ぜひ知っておいて頂きたいのは、買取単価(レート)は店舗規模に比例することです。

 

各業者の店舗数&運営形態

 

上記5社の店舗規模を並べてみると、次のようになります。

 

各業者の店舗数&運営形態

リファスタ 1店舗
(本店のみ)
本店集約型
七福神 関東7店舗 本店+直営店
ゴールドプラザ 関東・関西
14店舗
本店+直営店
大黒屋 全国多数 フランチャイズ展開
リ・タナカ
(田中貴金属)
全国多数 フランチャイズ展開

 

上記の通り、レート最高値となったリファスタは「本店集約型」の1店舗で
運営しており、続く七福神やゴールドプラザも本店「本店+直営店」の数店舗で
運営しています。この店舗数(店の規模)が買取単価に大きく影響しています。

4: リファスタが高価買取な理由

 

リファスタが他社に比べて、高価買取を実現している3つの理由を
改めてご紹介しておきます。

 

 

 

@コスト削減による査定額への還元

 

リファスタのような小規模店舗が、FC(フランチャイズ)店舗よりも
高価買取できる最大の理由が「コスト削減による査定額への還元」です。

 

大黒屋、リ・タナカ、おたからや等の全国展開している大手業者のFC店は、
本部へ毎月ロイヤリティ(上納金)を支払う仕組みになっています。
その為、FC店の査定額はロイヤリティが差し引かれているケースが多く、
ロイヤリティのない「本店+直営店」タイプよりも査定額で劣りがちです。

 

A買取単価が業者・個人で差別なし

 

リファスタの凄い点は、個人と業者の買取単価が同額である点です。
通常、貴金属業者は、専門業者から仕入れる際には高レートで優遇するのですが、
リファスタでは個人(一般利用者)でも業者と同額で買取してくれます。
取引量の少ない個人であっても差別しない点は、良心的だといえます。

 

B鑑定士の裁量が大きい

 

リファスタは池袋本店のみで運営している為、フランチャイズや
直営店のような鑑定行為に対する指示がなく、現場の鑑定士の裁量で
査定が行われます。その為、価値に見合った査定を受けることができます。

5: リファスタで買取可の商品

リファスタは、池袋に本店を構える宝飾品買取業者です。
少数精鋭で運営しており、店舗運営費や人件費を節約している為、
他社にはマネできない高価買取を実現しています。

店舗が本店のみである為、基本的には宅配買取がメインとなります。

 

買取対象の金製品

 

リファスタでは、金製品であれば多種多様のモノを買取しています。
例えば、ジュエリーはもちろんのこと金歯、ライター、万年筆、お椀、コップなども
買取可能となっています。もし、買取可能であるか不明である場合は、気軽に
問い合わせてみてはいかがでしょうか。

 

買取OKの状態

 

金製品は、ブランドジュエリー等の一部再販売できるモノを除いて、買取した後に
精錬加工を行い新しく生まれ変わります。ですから、傷や変形などは特に問題に
なりませんのでキチンと値段がつきます。

 

手数料は全て無料

 

リファスタでは、ネット宅配買取に非常に注力しており、宅配買取にかかる
手数料金は一切ございません。買取価格に納得できず返送してもらいたい場合も
キャンセル料・返送料全て無料となっているので安心です。
配送時の紛失・破損の場合も、30万円まで自動補填されています。

 

6: リファスタ宅配買取の安全性

 

金製品は高額である為、宅配買取での売却に迷っている方もいると思います。
当サイト管理人も利用した経験のあるリファスタに関しては、
補償やセキュリティ面において万全であることを確認しています。

 

「宅配買取」を初めて利用する方は次のような不安があるのではないでしょうか。

 

宅配買取を利用する不安

  • 配送時の紛失や破損はどうなる?
  • 店舗のセキュリティは万全か?
  • キャンセル料は無料なのか?
  • 査定額を誤魔化されないか?
  • 誰が鑑定したか分かるのか?
  • すぐに査定してくれるのか?
  • すぐに振り込んでくれるのか?

 

これらの不安に対して、リファスタの管理人の実経験をもとに
回答していきたいと思います。

 

配送時の紛失や破損はどうなる?

宅配買取を利用する上で、おそらく最も心配な点が「配送時の紛失・破損」です。
リファスタ指定の配送業者であれば30万円まで自動補償がつきますし、
追加料金で5,000万円まで補償額を引き上げることもできます。
但し、30万円の自動補償は宅配キット利用時に限りますので注意しましょう。

 

店舗のセキュリティは万全か?

リファスタでは、大手民間警備会社が入退出を厳しく監視しています。
また、届いたジュエリーも、厳重管理された保管庫で保管されています。

 

キャンセル料は無料なのか?

リファスタでは、宅配買取に関わる諸費用全てが無料となっています。
もちろん査定後のキャンセル料・返送料も無料となっているので安心です。

 

査定額を誤魔化されないか?

宅配買取では、金製品の鑑定の様子をチェックすることがでない点がネックです。
しかし、金の買取単価表をホームページで公開していますので、心配である場合は、
単価表で計算した結果と査定額を比べてみると安心です。また、ジュエリーの場合は
鑑定内容をメールに詳しく記載してくれますので納得できるのではないかと思います。

 

誰が鑑定したか分かるのか?

リファスタの強みの1つが、鑑定した人の顔や名前が分かることです。
ホームページでも鑑定人の顔と名前が公開されていますので、査定結果メールの
名前と照らし合わせてみると、誰が鑑定したかが分かります。誰が鑑定したのか
分からないような大手FC店よりも安心感があります。

 

すぐに査定してくれるのか?

リファスタでは品物が店舗に到着次第、鑑定に着手することになっています。
オンライン見積の場合は、当日〜翌日には見積もり結果を受け取れるようです。
宅配買取に少し抵抗がある方は、オンライン見積から利用するのも手です。

 

すぐに振り込んでくれるのか?

リファスタでは、利用者からの成約メール確認し、数分後には振込処理を
行うことになっています。迅速な対応をしてくれますので安心して良いかと思います。

7: まとめ

 

18金はじめ金製品は、買取単価によって買取価格にだいぶ差が生じてしまいます。
ですから、金の買取単価の高い業者を選ぶことが、高価買取の基本かつ秘訣です。

 

今回は、ネット宅配買取を主力にしているリファスタを詳しくご紹介しましたが、
成約率が97%と非常に高い満足度を誇るので、どの業者で売却しようか迷っている方は
候補の1つとして考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
5社の18金買取単価比較 インゴット分割&売却 各業者の口コミ