金を売るならいつ?2019年は売り時としてベストか?

金を売るならいつ?2019年は売り時としてベストか?

金を売るならいつ?2019年は売り時としてベストか?

2019年は金の売却タイミングとしてベストか?

 

「金をいつ売るのがベストか?」という疑問へのベストアンサーは「ピークに売る」です。
しかし、金は株と同様にピークを正確に予想することは専門家でも大変困難ですので
最終的には自分自身の判断に委ねることになります。

 

但し、ピークを予想することは困難であっても、これまでの金相場の動向を振返ることで
今後の金の動きがある程度見えてきます。「2019年度に売って損にならないか?」と
迷いのある方にとっては心強い判断材料にもなるはずです。

 

そこで当ページでは、
「2018年度金相場の振り返り」
「2019年度は売り時なのか?」
「インゴットの売却に備える!」
といったテーマについて解説します。

 

 

1: 2018年度金相場の振り返り

 

まずは、「2018年度各月の国内金価格」と「2010年〜2018年迄の国内金価格」の
推移について確認します。2019年度の金価格の動向を予想する上で、重要な判断材料
となりますので、興味のある方は目を通してみてください。

 

1.1 2018年度各月の金平均価格

 

上記のグラフは2018年1月〜12月の各月における金の国内平均価格の推移です。
平均価格の詳細は次のようになります。

 

2018年度各月の国内平均価格

2018年12月 4,827円
2018年11月 4,765円
2018年10月 4,717円
2018年9月 4,618円
2018年8月 4,597円
2018年7月 4,756円
2018年6月 4,862円
2018年5月 4,930円
2018年4月 4,940円
2018年3月 4,849円
2018年2月 4,963円
2018年1月 5,082円

 

この数値から分かる通り、2018年1月は5,082円と幸先の良いスタートを切り、
「今年度は年間平均価格5,000円台もあるか!?」という期待もよぎりました。
日経平均株価も終値が2万3506円という1992年1月7日以来26年ぶりの高値を
記録し、金融資産を所有する人にとっては期待のもてる1年かと思われましたが、
8月には4,597円まで下落し、後半には徐々に盛り返したという結果です。

 

2018年前半に金価格がここまで急落した背景には、アメリカ政府の数度にわたる利上げが
ありました。金はアメリカドルのように金利が付かない為、利上げ場面で売却されやすく
それに伴い金価格が下落しました。ただ、2018年後半以降はアメリカの株式相場が暴落
したことをキッカケに、安全資産である金の需要が再度高まり、金価格は上昇に転じました。

 

このように、金は為替の影響を受けて価値が変動する性質があり、景気の暗転時には
需要が高まり、景気の好転時には需要が減り売却されやすくなります。

 

1.2 2010年〜2018年の金平均価格

 

上記のグラフは2010年〜2018年における各年度の金の国内平均価格の推移です。
平均価格の詳細は次のようになります。

 

年間の国内平均価格

2018年 4,825円
2017年 4,854円
2016年 4,657円
2015年 4,837円
2014年 4,570円
2013年 4,599円
2012年 4,448円
2011年 4,165円
2010年 3,571円

 

2010年度以降、金価格はゆるやかな上昇トレンドを維持しており、
特にここ数年間は4,500円を割ることなく高水準をキープしている状況です。

 

1.3 2017年に金価格4,854円でピークに!

 

金価格は2017年に4,854円を記録し2010年以降のピークとなりました。
一部専門家によると2017年から今後数年間がピークであり、その後は緩やかに下降する
という見方があります。事実、2018年度は2017年度よりも29円低い4,825円となりました。

2: 2019年度は金の売り時か?

 

「2018年度の各月の金価格推移」と「2010年〜2018年迄の金価格推移」という
ミクロとマクロの両面から金価格の推移を確認しました。
そこで、改めて「2019年度は金の売却タイミングとしてどうか?」という疑問に対し、
当サイトなりの回答を提示しておきたいと思います。

 

2.1 2019年度は「ベター」な売却タイミング

 

上記のグラフと数字から明らかな通り、2017年度の金価格は2010年以降のピークであり
2018年度以降は緩やかな下降が予想されることから、2019年は金の売却時期としては
決して悪くない「ベター」な時期だと言えそうです。

 

特に、1gの重量差で売却額が大きく異なってくるインゴットを所有していた方は、
手放すことに慎重になっていたことと予想されます。しかし、2019年現在であれば、
売却準備を進める為のタイミングが到来したと考えてよいのではないでしょうか。

 

2.2 インゴット売却を検討中の方

 

実物資産として人気のあるインゴットですが、金価格がピークに到達したと思われる現在、
売却タイミングとしては悪くありません。

 

ただ、1キロや500グラムのインゴットを売却する場合、いっぺんに売却してしまうと
基礎控除枠を超えてしまい、高額な税金が課されるなどの注意点があります。
ですから、余計な課税を避ける為にも、100gのインゴットバーに一旦小分け加工し、
毎年数個ずつ売却するのが賢い選択です。

 

ちなみに、インゴットの分割・加工は、貴金属業者によって手数料や納品ブランドが
異なりますので、慎重に選ぶことを推奨します。加えて、一般利用者は利用できる
貴金属加工業者も限定されてきますので、値段や実績を比較するとよいでしょう。

 

【参考】田中貴金属は分割不可!依頼すべきは?

 

インゴットの分割・加工が既に済んでおり、100gバーの状態で所有している方は、
いよいよ売却です。しかし、インゴットの買取グラム単価は、貴金属業者によって
1グラムにつき数十円〜数百円の差が生じます。

 

従って、100gバー1本を売却するだけでも業者によって数千円〜数万円の価格差が
生じますので、貴金属買取業者は比較検討し選ぶことを推奨します。

当サイトでは、貴金属買取業者ごとのインゴットのグラム単価を比較してますので
今まさに売却を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

【参考】インゴット買取価格No.1はどの業者?

 

2.3 18金ジュエリー売却を検討中の方

 

インゴット同様に、喜平ネックレスやゴールドリング等の18金ジュエリー売却を検討中の
方にとっても、2019年度は恵まれたタイミングと言えます。18金ジュエリーの買取価格も
業者のグラム単価によって変動しますので、高価買取を狙うのであれば、可能な限り
グラム単価の高い業者を選ぶことが重要です。

 

【参考】18金買取価格No.1はどの業者?

3: インゴットの売却に備える!

 

純金バー(1キログラム)を購入した方は、それをそのまま売却すると基礎控除額を上回り、追加で税金を支払うハメになってしまいます。また、税務署への支払調書やマイナンバーの提出など面倒な作業も発生するので、純金バー(1キログラム)は一度100g×10コに分割加工し、売却利益が50万円以内(特別控除内)となるように、毎年数個単位で行うと税金もかからず税務署への申告もなくなりオススメです。

 

3.1 インゴットの分割は早めに行う

 

今すぐに売らないとしても、1キログラムの純金バーを100g×10コに小分け加工する作業は早めに行っておきましょう。仮に10分割した100gインゴットを特別控除内に収まるように、毎年2コずつ売るとしても5年かかります。金価格が今後も高値をキープしているとは限りませんので、いつでも売れる準備だけはしておきましょう。

 

3.2 田中貴金属では分割できない!

 

インゴットの分割・加工を行っている業者は大きく2タイプに分類されます。1つは、自社の工場で精錬・加工までを行っており、精製した純金バーにはその企業のロゴが刻印されます。例えば、大手では日本マテリアル、三菱マテリアルなどが該当します。

 

もう1つは、インゴットの分割・加工の仲介業者です。こちらは、顧客から純金バーを一度預かり、提携しているメーカーの工場で分割・加工するケースとなります。例えば、リファスタやG&Pバンクなどが該当します。どちらもメリット&デメリットがありますので、それらを確認してから依頼先を決めるのが良いでしょう。

 

ちなみに、貴金属の取り扱い老舗の田中貴金属では、分割サービスが2012年で終了しており、現在は貴金属ジュエリーとの等価交換のみ対応していますので注意しましょう!

 

【参考】田中貴金属は分割不可!依頼すべきは?

4: まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

2017年度をピークと仮定するのであれば、今後は下降傾向と予想されますので、
2019年度は金の売却タイミングとしては、決して悪くない(むしろ良い)年度といえます。

 

とはいうもの、最終的には「売ろうと思い立った時が売り時」という言葉もある通り、
株や貴金属等の金融資産は、個人の意思が最も重要だと考えます。
これまで売却タイミングを逃してきた方は、よく検討し行動してください。

 

【関連】田中貴金属は分割不可!依頼すべきは?

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
5社の18金買取単価比較 インゴット分割&売却 各業者の口コミ